トップページ  >  弱視児の教材

弱視児の教材

各活動期については、目安として定型発達の年齢を記載していますが、弱視児については、活動時期に個人差があります。弱視児の課題実施年齢についてはページ下方の「弱視児の活動期一覧表」を参考にしてください。

 弱視児は低視力や視野障害などの視機能障害による見えにくさのために、生活の中での見る経験が量的・質的に不足しがちです。見えにくさによる視経験の不足を補い、弱視児の積極的な視覚活用と概念形成を促すためには、外界への興味を引き出し、手を使って物を操作する活動が重要です。そのためには、見やすく、触運動感覚を通しても分かりやすく工夫された教材および環境を準備します。
 特に幼児期や、知的発達段階が6~7歳以前の知的障害を伴う弱視児は、工夫された教材を活用し、子どもの主体性を引き出すことが重要です。ここでは、弱視児の気づきや主体性を引き出す教材を、発達段階(5つの活動期)別に紹介します。

 弱視児は、対象物をよく見るために5㎝程度の極端に近い距離で見たり、全体を見るために30㎝ほどの距離で見たりしながら、教材を操作します。弱視児が教材に働きかけている時に教材が動くと、上手く操作ができません。盲児と同様に、教材が動かないよう、すべり止めを使用すると効果的です。一方で、自由構成活動期のブロックの模倣構成のような教材では、弱視児が向きを様々に変えて確かめたり操作したりするため、フェルト地の滑りやすい素材を敷くと、対象児のイメージ通りに向きを変えやすくなります。この点も盲児と同様です。
 また、弱視児の学習では、見やすさへの工夫も重要です。書見台を使えば、見やすい角度に調節できるとともに、教材を提示する位置を目の高さに調整することもできます。書見台は、角度が柔軟に変えられ、背面の色がツヤなしの黒色、マグネットなどが貼り付けられるものであると、活用の幅が広がります。教材では、容器と入れるものや、ボードと貼るマグネットなどの色のコントラストが高いと分かりやすくなります。例えば、枠の中に白い積木をはめていく学習では、枠の背景に黒い画用紙を敷いて構成物と背景のコントラストが高くなるようにすると効果的です。

 弱視児が見えにくくても気づきやすく興味をもちやすいように、光るものや蛍光色のもの、原色でカラフルなもの、白黒でコントラストが高いもの、絵の線が太く見やすいもの、絵が複雑すぎないものなどの観点から、教材を工夫しています。

 

 

弱視児の活動期一覧表