トップページ  >  弱視児の教材  >  感覚運動活動期(発達年齢:~10か月)

弱視児の教材

感覚運動活動期(発達年齢:~10か月)

 感覚運動活動期は、外界の対象に気づきそれに対してリーチングや把持・たたく・振るといった感覚的な操作をする段階です。
 定型発達児では10か月までの発達段階にあたります。
 この時期の活動として、押す・動かす・振る・叩く等により光や音・振動などを発する教具を用いた活動を紹介しています。

振動音光フィードバック教具

ねらいと活動内容:
スイッチを押してその結果を感じ、因果関係の理解を促す。半球のボタンを押すと振動と音と光のフィードバックがある。

指導方法:
角度を60度程度にした書見台に載せ、子どもの目線に近くなるようにする。はじめは指導者がボタンを押し、音と光に気づかせ、子どもから見たり、手が出てくるのを待つ。子どもから手が出てきたら、指導者が音を鳴らしたまま、軽く手に触れさせる。

メーカー:オリジナル

白黒しま缶

弱視児の教材

ねらいと活動内容:
しまのある缶を転がすことで、注視や追視を引き出す。

指導方法:
床や机上で子どもに向かって缶をゆっくり転がす。子どもが手に取ったら、「ちょうだい」と言って缶をもらい、また転がす。

メーカー:オリジナル

ぼこぼこ棒抜き

弱視児の教材

ねらいと活動内容:
引く動作の獲得を促す。棒が抜ける時に、振動と音のフォードバックがある。

指導方法:
子どもの後ろから手を取り、子どもの非利き手でタッパーを一緒に押さえ、利き手で棒を一緒に引き抜く。抜けたら、子どもと一緒にさしてみる。

メーカー:オリジナル