トップページ  >  盲児の教材

盲児の教材

各活動期については、目安として定型発達の年齢を記載していますが、盲児については、活動時期に個人差があります。盲児の課題実施年齢についてはページ下方の「盲児の活動期一覧表」を参考にしてください。

 盲児の概念形成を促すためには、外界に興味を持って手を使う活動を引き出すことが重要であり、そのためには触運動感覚を通して分かりやすく工夫された教材および環境が必要です。特に幼児期や、知的発達段階が6~7歳以前である知的障害を伴う盲児については、工夫された教材を活用し、子どもの主体性を引き出すことが重要です。
 ここでは、盲児の気づきや主体性を引き出す教材を紹介します。活動期については、発達段階の観点から5期に分類しています。

 先生方から、「ひとつの教材をどれくらいやったら次の教材に進んで良いのか」と聞かれることがあります。活動内容については、その段階をすぎると類する活動は全く取り組まなくなるわけではなく、期をまたいで取り組みます。同じ教材でも、慣れてくると手の使い方が上手になっていったり、子どもが独自の楽しみ方を発見していったりする様子が見られます。子どもが、慣れた教材や気に入った教材、安心できる教材をやりたいという気持ちを大切にしながら、新しい教材も導入し、新しい遊び方に出会えるようにしています。

 出し入れ活動に、パズルボックスという教材がありますが、入れるものの形によって難易度が大きく異なります。球は角が無く向き合わせも必要がないため入れやすく、卵型や円柱・おはじき・円板などは角がないため入れやすいのですが向き合わせが必要になります。そして、四角板や四角柱・三角柱などは、角があり正確に向きを合わせる必要があるため、難易度が高くなります。
 他の教材でもこのような難易度の違いがあります。スモールステップを組み、難易度の違いに考慮することが重要です。

 盲児は、手を通して物に働きかけ、その働きかけた結果も手を通して確認します。盲児が、教材を触ったり、出し入れしたりして働きかけている時に、教材が動いてしまうと、操作がしにくくなります。また、基準点となる教材が動いてしまうことによって、自分が働きかけたことへの結果が分かりにくくなります。教材が、盲児に空間的な方向(上に抜いた、手前に引っ張るなど)を教えるのです。盲児が働きかける時に、教材が動かないよう、すべり止めを使用すると効果的です。特に、感覚運動活動期や出し入れ活動期などの初期的な段階では、教材の固定は重要です。
 教材の中には、反対に少しすべりやすい布地などの上で取り組む方が良いものもあります。自由構成活動期のブロックの模倣構成のような教材では、盲児が向きを様々に変えて確かめたり操作したりするため、フェルト地の滑りやすい素材を敷くと、対象児が向きを変えやすくなります。

 

 

盲児の活動期一覧表

活動期一覧表
+